愛知の建築家と建てる新築注文住宅 建築家との家づくり。|有限会社 ディクタ建築事務所

デザイン性の高い魅力ある家ができそう……となんだかワクワクしてきませんか?

住まいは、自分と家族とともに人生を歩んでいく大切なパートナーです。

デザインや機能、空気感。

どんなパートナーに育て上げるかによって、これからの人生の彩りも変わってきます。

そんな家づくりのお手伝いができる建築家とともに、家づくりを進めていく魅力をご紹介します。

  • 建築家との家づくりの魅力
  • 建築家に依頼するという事
  • 建築家と工務店とハウスメーカーの家づくりの違い
  • 建築家の設計料とは?
  • 建築家との家づくりの流れ

Capter01 建築家との家づくりの魅力

建築の設計や監理などの、建築関連の全てに携わりサービスを提供するのが建築家(architect)です。

また、月日が経つにつれて馴染んでいく空間となります。このような住まい手ひとりひとりの思いや、目指す暮らしに寄り添ってゼロからの家づくりをするのが建築家です。
家づくりを建築家と進めていくことは、子育てのように家を一からつくりあげていくようなもので、想像以上に価値ある時間を共有することができます。

暮らしに寄り添った設計

建築家との家づくり、特にディクタ建築事務所との家づくりでは、住まい手の『あたりまえ』の暮らしを実現していきます。
家族のライフスタイル、動線、窓の大きさまで、しっくりくる暮らしは家族の数だけ存在します。
画一的な間取りや家のサイズでは、住まい手が求める暮らしを最大限実現するのは難しいでしょう。
掃除道具を置く場所はどこにするか、家事はなるべく早くしたいから動線は短くしたい、見晴らしのいい場所にある家だから大きな窓は必要……。暮らしに対する思いに寄り添うことができます。

住まい手だけのこだわりが詰まった設計

建築家との家づくりには、施工者の都合は反映されません。
住まい手のライフスタイルやこだわりを最大限反映します。
住まい手らしさが溢れていて、数値では表わせない心地のいい住まいは、要望の一つひとつに向き合い、言葉にできなかった潜在的な要望にまで思いを巡らせることでできあがります。
大好きな風景を毎日のんびり眺められる大きな窓が欲しい、大事なフィギュアをすっきりと並べる棚が壁一面に欲しい。
住まい手にしかわからないこだわりも、ヒアリングを通して思いを聞かせて頂くことで、形にしていきます。

Capter02 建築家に依頼するという事

建築家の作品を見て、なんだか気になる、大切な部分を共有できる気がする……。
そんな感情が湧き上がるのであれば、その建築事務所が大切にしていることを、心のどこかで感じて取っているのかも知れません。
住まい手の要望に沿って、ひとつの家づくりを丁寧に丁寧に、時間をかけて一緒に作り上げていく。
そのプロセスを、家づくりを通して、同じ姿勢、同じスタンスで取り組んでいく。建築家に依頼することで、この過程を共有していきます。そして建築家任せにするのではなく、住まい手自身がじっくりと悩み、考えることによって納得の住まいは実現します。

Capter03 建築家と工務店とハウスメーカーの家づくりの違い

家づくりをする際に頼む相手として、工務店、ハウスメーカー、建築家の大きく3つが挙げられます。

  • 01

    工務店

    地域に密着しており、その地域に合った設計や施工ができます。細かな注文にも、臨機応変で柔軟な対応が出来ることが魅力です。

  • 02

    ハウスメーカー

    品質だけでなくサポート体制が整っており、安定した家づくりができます。
    良い資材が大量生産によって安く手に入る上、ある程度資材を工場で組み立てることで短い工期で完成することができます。

  • 03

    建築家

    建築家は、デザイン性の高い家を建てることができるのはもちろんのこと、こだわる部分、予算を削る部分などをバランス良く調整します。

建築家ならではの特徴

建物の施工監理を行うため、設計図どおりに工事が進められているか第三者の立場から工事をチェックします。

施工に関して予め注意を促し、施工不良の防止に努め、必要に応じて現場に赴き検査と施工状況の確認を行います。

家づくりの手段は1つではありません。

すでに完成している家に住むのも、間取りだけにこだわるのも、住まい手の考え方次第で良し悪しはありません。

家に対して譲れない部分が大きいのであれば、その思いを最大限活かしてくれるのは、やはり建築家との家づくりです。

Capter04 建築家の設計料とは?

建築家の設計料は、建築家が各自で決めているわけではありません。
建築士法で定められたガイドラインが存在しており、これに沿って設計料は決められています。
住宅の場合、ガイドライン通りに請求すると高額になりすぎてしまうことがあるので、一般的には『工事費に対して何%』という設計料の算定方法が用いられています。

建築家の設計料=延床面積(㎡)×22,000円+構造設計料

設計費の増減がない提案

ディクタ建築事務所では、設計監理料を面積によって算出しています。面積が多ければ描く図面も増えるという考え方です。
同じ作業量でも高価な仕様を採用するだけで設計料が多くなるというのは、お客様に良かれと思う提案であっても気が引けてしまいます。
算定根拠が面積であれば、工事費の多寡で設計料の増減はないためしがらみなく提案ができます。


●その他、事情に応じて以下の費用が必要になります

敷地調査費:100,000円  
確認申請手数料:200,000円 + 印紙代  
中間申請手数料:50,000円 + 印紙代
完了申請手数料 :50,000円 + 印紙代  
地質調査費:150,000円
※開発許可、農地転用、フラット35、長期優良住宅、低炭素住宅、性能保証については別途申請費用 +手数料が必要です。

設計料、本体工事費以外にも必要な費用は、こちらにも詳しくまとめていますのでご覧ください。

Capter05 建築家との家づくりの流れ

建築家との家づくりを始める場合、まずは相談からです。
相談からプランニング、基本設計、詳細見積もり、着工と、順を追ってご説明しましょう。

Phase01

まずはご相談から

まずはご相談から
  • まずはご相談から

    なじみのない設計事務所にコンタクトを取るのは勇気がいりますが、気軽に相談してみましょう。もっとも大切なのは建築家との相性です。

  • プラン依頼

    十分に検討した後、家づくりを進める場合はプランニングの依頼をします。

  • ヒアリング

    夢を膨らませ、ご家族で話し合いながらヒアリングシートを記入します。

Phase02

デザイン・プレゼンテーション

デザイン・プレゼンテーション
  • プランニング

    敷地を確認し、周囲の状況や法的な規制を踏まえたうえで、要望を解釈した住んでみたいと思える家をプランニングします。

  • プレゼンテーション

    要望がどのような形になって提案されるのか楽しみな瞬間です。
    ここでのプレゼン案は叩き台ですので、これを基にドシドシ変更していきます。

Phase03

設計・お見積もり

設計・お見積もり
  • 設計依頼の申込

    これまでの打ち合わせ時の対応、家づくりに対する姿勢、提案力などを総合的に判断した後、正式に設計依頼を申し込みます。

  • 基本設計(3~4週間に1度のお打ち合わせ)

    基本設計は、家づくりの方針を決める重要な期間です。どんな些細な事でも思った事、感じた事をドンドン伝えましょう。
    基本設計はお客さまが納得するまで終わりません。

  • 概算見積もり

    要望がまとまりつつある段階で、建設会社に概算見積もりを依頼します。

  • 基本設計完了(設計監理契約)

    プラン的に、デザイン的に、予算的に、お客さまが計画に納得した段階で基本設計が完成です。

  • 実施設計(2~3週間に1度のお打ち合わせ)

    実施設計では、基本設計をベースにより詳細な寸法や仕様を決めていきます。
    構造計算を行って柱や梁など構造部材の大きさを決めたり、照明、家具、建具、キッチンやトイレの仕様などを決めたり、お客さまの意向を伺いながら設計図をまとめます。

  • 詳細見積もり

    完成した実施設計図面を建設会社に渡して詳細見積りを行います。

Phase04

施工・引き渡し

施工・引き渡し
  • 見積調整・工事請負契約

    建設会社から提出された詳細見積もりの内容を精査します。
    予算を超えている場合、設計や仕様の変更、建設会社と価格交渉を行い予算に近づけます。

  • デザイン・仕様の確認

    少しでも分かりやすい方法で確認してもらうように、現物サンプルを作って現場でご覧いただいてから工事を進めます。

  • 竣工・引越し

    役所の完了検査、建設会社の社内検査、設計事務所検査を経た後に施主検査としてお客様の最終確認後、竣工し引渡しとなります。

これらの流れを経て家づくりを共に行います。
こんなにたくさん……!と思いますか?
長いようで、人生のほんの一瞬の期間です。
もちろん、家づくりが終わったのでさようなら、ではなく、1年点検などを含めて、長く付き合いたいと願っています。

もし何かあった場合、ご連絡いただければすぐにお伺いして対応いたします。

コラム

新築注文住宅は建築家とともに

人生のパートナーを共に作りあげる建築家との家づくり。

その楽しさは、ここには書ききれないほどあります。

家づくりの楽しさをもっと聞いてみたい、愛知で家づくりを始めたい。

そんな時は、ぜひディクタ建築事務所の扉を叩いてみてください。

暖かくお出迎えさせて頂きます。

豊橋、豊川、蒲郡、岡崎、豊田、設計事務所と創る注文住宅|有限会社 ディクタ建築事務所

有限会社 ディクタ建築事務所 / Dikta architects office

pageup