若い頃からの夢「ガレージのある家」、かつコスト抑えて…。
私たちの「こうしたい!」を実現してもらえました。
  • 用途専用住宅(ビルドインガレージ付)
  • 構成夫婦+子供1人
  • 構造木造在来工法(J-耐震開口フレーム使用)
Q1.ディクタ建築事務所との出逢い・お願いするきっかけはなんですか?
今回、家を建てるにあたって夢であった「ガレージのある素敵な家」を実現するためには、「家を建てる」=「ハウスメーカー・工務店」というイメージの中で、失敗はないんだろうけど、自由度が少ない印象があって、悩んでいました。ある時雑誌で設計事務所で家を作るということを知り、ホームページで検索し、ディクタさんと出逢いました。ブログの原田さんのメッセージや、「狭い敷地を最大に自由に生かし、かつコストも調整できる」という建築家と家を作ることの価値を知り、建築相談に申し込んだのがきっかけです。実際オフィスに伺うと、お洒落で居心地のいいオフィスで、プランのこと、料金のことなど親身になって話を聞いてもらえたのが決めたきっかけになりました。
Q2.「建築家と作る家」に対して不安はありましたか?
そもそも「建築家とつくる家」に関して知識がほとんどなかったので、ひとりよがりな提案をされてしまって、こちらがあまり意見が言えなくなってしまうのではないかと心配ではありました。
Q3.その不安はどのように解消されましたか?
建築相談にうかがった後も、何回もオフィスの方にお邪魔したのですが、私たちの叶えたい夢に対して「ほんとうにできるのか?」「予算はどれくらいかかってしまうのか?」などの不安を、私たちの目線で相談に乗ってもらえたことで、私たちのイメージしている建築家さんとは違うんだとわかり、不安は解消されました。
Q4.家が出来上がるまでに嬉しかった対応は何ですか?
とにかく「ガレージ付きの家をローコストで」という私たちの想いがあったので、はじめに提案してくださった作り付けの収納や外観のデザインなど、コストを削らざるえない状況に陥ったにもかかわらず、それを汲み取ってもらえて、次のプラン提案に組み込んでいただけたことには感動しました。これまで使っていた家具などもそもまま利用できるようにアイデアを取り込んでもらえたもの、コストの無駄を抑えられて助かりましたね(笑)。
Q5.出来上がったときの感想は?
もう感無量!という感じです。やりたいことが明確にあったので、ご無理も言ったかと思うのですが、外観・内装ともに理想としていた家が出来上がったと思っています。実際住んでみても、「ここをこうすればよかった」などの足らない部分も無く、長く住む家として大満足な家になりました。
Q6.新しい家で、家族のみなさんの中で何か変化はありましたか?
とにかく早く家に帰りたい気持ちになりましたね(笑)。ガレージでビンテージの車を時間を気にせず触れるのは本当に嬉しい時間になりましたし、妻も子供も広い空間でゆっくりとした時間を過ごし、掃除や洗濯などの家事もたのしくなってしまったくらいです(笑)。
Q7.建築家として、「原田さん」はどういう人でしたか?
しっかりと施主の声や想いを聞いてくださる建築家だったと思います。私たちの「ああしたい、こうしたい」を出来る限り検討してくださり、出来ない部分に関してはハッキリと意見してくれたのも逆に安心感につながりました。 家に関してはまじめ、人間的には面白い人で、打ち合わせでも雑談もたくさんあって楽しかったです。そのせいもあって、完成してからでも気軽に相談ができています。
Q8.お気に入りの場所を教えてください
若い頃からの夢だった「ガレージ」がとにかく一番のお気に入り。ここにいると時間を忘れてしまいます(笑)。妻はお日様が燦々と入ってくるリビング。子供のんびりできていてお気に入りです。また一階と二階のフローリングを変えているのですが、1つの家で2つの違う雰囲気が味わえるのも嬉しいです。
私たち「設計事務所」は一般の方からするとあまりなじみのないお仕事。やはりハードルは高かったと思います。
その辺の不安と、不安が少しづつ解消され、「一回、話を聞きに行こうか」と気持ちが変わっていったあたりを面白おかしく語っていただけました。 “建築家の選び方”という雑誌の特集で、「デブの建築家はNG」という記事があったそうで、問い合わせ頂いたのは、たまたまダイエットに成功した頃のことでした。徐々に増えつつある今の私の体重をネタにチクリチクリと弄られております..

豊橋、豊川、蒲郡、岡崎、豊田、設計事務所と創る注文住宅|有限会社 ディクタ建築事務所

有限会社 ディクタ建築事務所 / Dikta architects office

pageup